世論調査:ロシア人のほぼ70%が2024年のプーチン再選を望んでいる

世論調査:ロシア人のほぼ70%が2024年のプーチン再選を望んでいる

最近の世論調査によると 実施 ロシア・レバダ・センターによると、調査対象となったロシア国民の68%が2024年の大統領選挙でウラジーミル・プーチン氏の再選を望んでいる。

調査結果によると、2024年の選挙後もプーチン大統領に大統領に留まってほしいと考えている人のうち、29%がプーチン氏が「正しい政策を導き、国家を強化する」と答え、20%がプーチン氏は「良い大統領」だと答えた。

また、回答者の17%はプーチン大統領が「人民寄りで安定寄り」であり、「他に選択肢はない」と考えている。

世論調査によると、プーチン大統領の再選を望む人の大多数は55歳以上の人々で、主な情報源としてテレビを信頼しており、「最も裕福なロシア人」だという。

また、回答者の39%は、プーチン大統領が「法執行機関」の利益を表明していると信じており、それは「2年間にわたってあまり変わっていない」と世論調査は述べている。 同時に、回答者の29%は彼が「一般人」の利益を表現していると信じており、これは「これまでの観察期間の中で最高の数字」であると調査は述べている。

ロシアでは次期大統領選挙が2024年3月に実施される予定だ。

プーチン大統領が2020年にロシア憲法を改正し、再選を目指すことができるようになってから初めてのロシア大統領選挙となる。

プーチン氏は2000年にロシア大統領に初選出され、2008年まで2期連続で務めた。2012年にも再選され、2018年にも再選された。

プーチン大統領の新たな命令により、占領下のウクライナ人は国外追放と財産の喪失に直面する
編集者注: この記事のためにキエフ・インディペンデントがインタビューしたロシア占領地域の人々の名前は、彼らが危険にさらされる可能性のある機密情報を共有したため、身元を保護するために変更されました。 ロシアがその軍事力をほぼ使い果たしたため…

過去 1 時間の最新ニュースとトップトレンド

Similar Posts